■店舗名 グルテンフリー対応 シーフードフライバーガー専門店 ふぉこらーれ
■投稿者 林礼子
■商品名 5つ星ホテルのシェフが美味しいと認めたバンズで挟んだ「極上ホタテ貝柱カツバーガー」

■商品説明
当店人気No1「極上ホタテ貝柱カツバーガー」

1.こだわりのホタテ貝柱
豊洲市場からチルドで届く、選りすぐりのホタテ貝柱は北海道または三陸産。

この地域のホタテは、ミネラル分豊富で、肉厚でとろける甘さ!

最高の鮮度だからこその、肉厚で上質なしっかり詰まった身、
この上ないぷりぷり感と旨みが絶品で
さらに通常流通しているホタテの中でも特に甘いんです。

生はもちろん、調理したときもこれだけ繊維が詰まっていると、
食べた時のプリプリ感が断然違います!

1個平均30gの大きな貝柱を丸々2個使って作るホタテ貝柱カツ。

ホタテ貝柱は旨味を含んだ繊維の集合体
この貝柱の食感を活かすため、縦方向に手で荒くちぎります。
荒くちぎって、混ぜることで、この繊維面同士が自然とくっつくんです。

それ以外に加えるのは、5百万年前の有機湖塩と黒コショウのみ。

揚げているときから、ほんのりホタテの香り

熱々の貝柱カツをひと口ほおばると
心地良い歯ごたえと、ホタテの香りとともに
旨みがじゅわ~っと溢れ出し、
濃厚なコクと甘みが広がります。

2.特製タルタルソース
ホタテ貝柱カツの上にかけるのは、
タマネギのかわりに、
甘酸っぱいピクルスをたっぷり入れることで、
酸味と甘みのバランスが良く、コクがあるのに
さっぱり後味に仕上げたタルタルソースは魚介と抜群の相性

3.スペシャルバンズ

そしてなにより大事なのが
このシーフードフライを引き立てるために
4年半かけ完成したグルテンフリーの
「ふわふわ柔らかバンズ」

食べたお客様から嬉しいお声を頂いています。

グルテンフリーは小麦を取らない食事療法。
今年MVPに輝いたエンゼルスの大谷翔平選手も取り入れているって知ってますか?
一流アスリートが取り入れ、素晴らしい成績を残しているのは嬉しい限りです。

詳しいインタビュー記事は下記をご覧ください。
https://full-count.jp/2020/11/11/post969903/

グルテンフリーの手ごねパンを作ることはとっても難しいんです。
米粉100%にしてパンを作ると、
もちもちずっしり食感で、冷めるとお米の性質から固くなってしまうんです。

私のお店では、成人して小麦アレルギーを発症したお客様たちから
米粉100%パンの食感がどうしても好きになれない。
ふんわり柔らかな食感のパンが食べたい。
焼いたあと冷めても固くなりにくいパンが欲しい
そんなリクエストから、日々、挑戦とチャレンジを繰り返し
4年半の期間をかけてパン生地を完成することが出来ました。

このバンズ、さらなる物語が・・・。

それはバンズが完成して3か月過ぎた8月下旬、2年ぶりに届いたメール。
2年前に日本で開催されたラグビーワールドカップに参加したニュージーランドチームに届けたグルテンフリーのパンを作る際に、原材料のひとつとして使わせていただいた会社の広報の方からでした。

コンラッド東京の総料理長とお話ししている時に、グルテンフリーのパンを探しているというお話を伺い、東京オリンピックに、7人制ラグビーに参加したニュージーランドチームが滞在されたこともあり、総料理長に、2年前にニュージーランドチームにグルテンフリーのパンを届けたお店を知っているとお伝えしたところ、ぜひ繋いで欲しいとのことで、ご連絡を取りましたと。

コンラッド東京といえば、日本でも数少ない5つ星のホテルのひとつです。
総料理長とメールをやり取りさせていただき、サンプルをお送りすることになり、バンズ2種類をお送りしたところ、2日後に見知らぬ番号から携帯に連絡が。
それは、コンラッド東京のフレンチレストラン料理長の松永シェフでした。
「パン美味しかったです。今、使っているグルテンフリーのパンより美味しかったので、イベントでぜひ使いたい。」と。
小さな路地裏の飲食店のパンが、5つ星ホテルのシェフから「美味しい!」と言われる時がくるなんて。
4年半が報われた瞬間でした。

どれひとつ欠けても、ご提供できなかった「ホタテ貝柱カツバーガー」

投票をぜひお願いいたします。